2011/01/17

最近読んだ本(2)-「銃とチョコレート」「一瞬の風になれ」

follow us in feedly
follow us in RSS

結局我慢できず、ぱぱっと読んでしまいましたw




児童図書?って思うくらいの字の大きさとひらがなの多さですw
きっと、慣れるまで読みにくいでしょう・w・

ストーリーの冒頭は、名探偵に憧れる少年の話ですが・・・まぁ、乙一です。冒険活劇でも、スカッとはさせてもらえません。妙などろどろした人間を書いてます。

それでも、最後まで読めばそれなりに冒険活劇っぽい感じにもなっていて、映画とかにしたらこんな感じになりそう、ってイメージがつかめて楽しめます。怪盗の正体は・・・まぁ、そうだよね。って感じで想像つく範囲内。大どんでん返しはないものの、雰囲気はいいかなって感じます・w・


調子に乗って2冊連読。
【一瞬の風になれ】は直木賞候補だったり、本屋大賞を受賞してたりで、一時期話題になってますね。映画化とかもされたんだっけ?
文体としては一人称で、それもあまり深くまで心理の動きを書ききらないので、深みとしてはない文です。その分は、読みやすさ、青春小説としての雰囲気を表すにはあっていると感じます・w・

って、今思ったけど前のブログでもこれ読んだって書いてたかな?w
忘れたので書いてない事にしておきます(・・

主人公は才能のある努力型、才能の方向が当初のサッカーと合ってなくて悩む少年。友人は短距離の天才、兄弟はサッカーのエリート。その上、部活の顧問は生徒理解型のうまく才能を伸ばしていく、なんていうかなりご都合主義の光る、正直むかつくくらいの恵まれた環境にある小説設定です。
そういうもんだと割り切って読めば、軽く読み切れるので深く考えずに読める読みやすさは魅力ですw



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...