2011/03/09

昔はよく見てた

follow us in feedly
follow us in RSS
見てたし、知り合いに車好きが多かったので、色々車も詳しい方だったなぁ、とか思います。
MR-2っていう車に乗ってて、エンジンヘッド開けるくらいまでなら自分でメンテしてたし。

MRのエンジンはおろした事ないけど、機材あれば一応FRならエンジンとミッション、サスくらいまでなら一人でなんとかできるし・w・

話がいきなり脱線・・・というか、何の話かを書いてませんでしたけど、こんなニュースを見たので。。。

人工ウエットレースに賛成の声 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1
「夜間に照明をつけて走るのは作為的だという議論もある。だがシンガポールはシーズン中で最も素晴らしいレースの1つとなった。結局のところはこちらの提供したものを人々に見てもらえればいいと思う」 ...

なにこれ・・・w

昔よく見てたっていうのはF1の話で、シューマッハなんかがTOPに立ってた頃の記憶があるかどうかくらい前の話なんですけど。深夜に起きてる余裕がなくなったり、テレビ自体を見なくなったのもあって、今がどういう状況になっているのかはよくわかりませんけど。昔から比べて下火になってるんだろうな、って思いはします。

んで、盛り上げるために・・・っていう事らしく。最高責任者は乗り気・・らしいw
なかなか斜め下に向かった提案ですよね・w・

「ここ数年の素晴らしいレースはすべて、雨の中でのレースだった」

って記事中にあるんですけど、素晴らしいレースって、必ずしも困難な状況にあって各チームが対応したってレースである必要はないと思います。
わたしの見てた時期は、アクティブサスの導入レギュとかでバタバタしてた時期で、それすら今どうなってるのか知りませんが、こんな提案が出てくるっていう事は、人が見えないカーレースになってるんでしょうね。
でも、車を運転する人、サーキット走行を楽しむ人、そういう人なら分かると思うんですが、雨・・・ウェットコンディションって状況は、ただのバッドコンディションです。タイヤの限界値が読み辛い、視界はもちろん、路面の状態も伝わりづらい。ミラーやバイザーには水滴があたり、状況判断に遅れがでる。
もちろんプロ中のプロであるF1ドライバーに、同じ感覚があるかどうかなんてわかりません、そんな低次元の問題は解決してる。とか言われるのかもしれませんw


それでも、昔見たF1で好きなレースに雨の日のレースはありません。
なぜなら、ベストな状態でのレースじゃないから。
雨の日のレースは、誰が一位を取るかではなく、誰が操作をミスるかばかりに気を取られます。
事故があり、セーフティカーの導入が増え、いかにも危なっかしい場面が増える。
マジックショーや、ホラー映画なら、そんな負のドキドキ感も楽しみに変わるかもですが、F1ってそういう見方をするものではないでしょう? 生死をかけた人が大勢いるんですから。

オーバーテイクが増える?オーバーテイクってそんなに必要?
オーバーテイクされないのは、本戦までの調整が決まっていたからでは?
事故を無くし、命の危険をなくすために、サーキットの路面を整えたりする人の努力はどこにいくんでしょう。
レースの運営者が、その努力を忘れ、コメディのようなレースを作るような提案を支持しているっていう事に、ちょっと一言書きたくなりました。

そんなニュース・w・

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...