2011/04/12

最近読んだ本(6) - 「数奇にして模型」

follow us in feedly
follow us in RSS

【数奇にして模型】
森博嗣


理不尽ミステリとでもいうのか・・でも、清涼院流水さんのようなトンデモ系推理って訳ではなく、犯人とトリックは予想できるけど、動機は予想できるとは思えない系。

犯人予想レベルまでなら、普通に読んでてもヒントに気付くと思います。

ただ、やっぱり封印再度を読んだ時にも思ったけど、思考が日常から離れてしまっている系の人物像っていうのは読んでて苦手感がありますね。

作中語られるように、正常と異常との定義に縛られているとも言えますが・・・そう思うと、感情移入というか、作中に入り込んでるとは言えるのかも・w・

 全体的な流れとしては、S&Mシリーズのパターンを踏襲しています。

犀川先生は、いつも通り・・・って、封印再度で覚醒したか?って思ってたのに、今回はそれほどの思考の冴えがなかったようにも思います。対比して、西ノ園嬢は、シリーズ通り普段通り、1人でどこどこ踏み入って危険にさらされてます。

特徴といえば特徴だけど、成長ないなw

今回は主題(?)が模型ということもあって、それほど物理的思考という文章は見えなかったこともあり、登場人物がシリーズでなければ、S&Mシリーズとは思えなかったかもとも印象を受けました。

恐らくもう一度読み返すと、違う側面が見えてきそうな文章もあるんですが、ん~、多分再読しなさそうw


0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...