2012/06/17

シンプル表示が光るランチャーアプリ「Orchis」をインストールしてみました!

follow us in feedly
follow us in RSS

こんばんは!すなふ(@sunafu35)です。

今日は、ちょっと珍しくWindowsアプリを紹介しようかなと思います。
Orchisというランチャーアプリケーションです。


今まで、ランチャーアプリケーションというものは使った事がありませんでした。
ってわけでもなかった........(o_ _)o

Windows XPの時に、所謂Mac風の見た目を目指してDocっぽいランチャーは入れたことがありましたけど、それくらいです。
Windows7だと、タスクバーをランチャーとして使えますし・・・。

そんな私が、なんでランチャーを探してたかというと、段々、同時起動するアプリケーションが増えてきて、5つくらい起動してると、タスクバーが埋まってしまって、なんだかよくわからない事になっていたからです。

小さいアイコンにすればいいかもしれないんですが、それも気持ち的に寂しいし(・・*)
だったら、ランチャーアプリケーションを入れて、タスクバーに入ってるものを移動させてしまえばいいんだ!と・・・、そういう事情でございます。


Orchis

さて、前置きが長くなってしまいましたが、Orchisです。

【小物創作所】

【Orchisのダウンロード: ベクター】

Orchisは、シンプルで高機能を謳っているアプリケーションのようで、階層ポップアップメニュー形式のランチャ/ファイラ統合ツールということのようです。

実際のインストール手順は、省くとしまして、こんな感じに設定してみました。

Orchis画像

使わせて頂いたアイコンは、

Chakram by ~apathae

Icon Pack 2 by ~aablab on deviantART

の2つを組み合わせて。
中々、OS用とアプリ用と、両方とも用意されたアイコンセットが見つからなかったので、意外と時間使ってしまいましたヽ(´ー`)ノ


オプション設定は相当多くありますが、基本的な項目としては、

  • 起動設定
  • 見た目
  • どう操作したら表示されるか
  • 各種設定(分からない部分はデフォルトのまま)

私は、表示方法を悩んだ末、

  • 『Ctrl + Space』
  • 『画面左側下部の端にマウスを持っていく』

の2つで表示されるように設定してみました。
Janetterをほぼ常時左に表示させているので、ツイートする時にランチャーが表示されたらどうしようと思っていましたが、本当に端に触れないとランチャーは表示されないので、大丈夫のようです。

ランチャー自体にアプリを登録させるのは、元ファイル(各exeファイル)をドラッグしたら、ショートカットが作成されます。


登録したら、『右クリックから>項目の設定』で、アイコンを設定して完了!
タスクバーと被っているものは、タスクバーアイコンを消していきます。


インストールしてみて

まず、希望通りに、タスクバーがすっきりしたのがなんといっても嬉しい!
起動しているアプリケーションが、タスクバーに表示されているという使い方が私にあってると感じました(気分的に)。

アプリは、タスクバーからの起動ならワンクリックなのに、わざわざランチャーで操作増やさなくても・・・、と思っていましたが、キーボードショートカットも登録出来るので、
マウスを左端に移動
左手は起動するアプリケーションのショートカットキーに待機w
という2段構えで、負担は思ったほどではありません。

これで、Windowsスタートメニューには「常時使用はしないけど、定期的に使うアプリ」、ランチャーには「毎日のように起動するアプリ」というように登録を分ける事が出来ました(*ェ`*)

まずは満足!

見た目をMac風にしたい!とか、面白い起動の仕方をするランチャーがいい!という人で無ければ、操作感もけっこういいですし、オススメできるソフトウェアだと思います。
設定項目が多くて、よくわからないと思ってしまう人も、自分がわかるところだけ設定する、と割りきって使うと、私の様な初心者でも、大丈夫でしたよ!

さぁ、次はファイル管理アプリを探そうっと(・・*)

ではまた!

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...