2012/07/17

第147回「芥川賞」「直木賞」受賞作品が発表!

follow us in feedly
follow us in RSS
Books
Books / Kamal H.
こんばんは、すなふ(@sunafu35)です。

第147回目となる、「芥川賞」「直木賞」が発表されましたね!
半年に一度選考される、余りに有名な文学賞ですが、普段はあまり読まない分野の文学小説がとりあげられるので、やはりチェックしておくことにしてます。

第147回芥川賞受賞作


あの過去を確かめるため、私は夫と旅に出た――裕福だった過去に執着する母と弟。彼らから逃れたはずの奈津子だが、突然、夫が不治の病になる。だがそれは完き幸運だった……著者最高傑作!

受賞者となった「鹿島田 真希」さんですが、大学在学中に「二匹」で第35回文藝賞受賞しデビュー。
135回、140回、143回での芥川賞で候補となる作品を書いていたり、その他文学賞を受賞したりと、文学賞と縁が深い作品が多いようです。
残念ながら、私は作品を読んだことがありませんが、挑戦してみようかな?とミーハー気分をだしているところです。

鹿島田真希 - Wikipedia

著作一覧


書籍名出版年、出版社
二匹1999年 河出書房新社
レギオンの花嫁2000年 河出書房新社
一人の哀しみは世界の終わりに匹敵する2003年 河出書房新社
白バラ四姉妹殺人事件2004年 新潮社
六〇〇〇度の愛2005年 新潮社
ナンバーワン・コンストラクション2006年 新潮社
ピカルディーの三度2007年 講談社
女の庭2009年 河出書房新社
ゼロの王国2009年 講談社
黄金の猿2009年 文藝春秋
来たれ!野球部2011年 講談社
冥土めぐり2012年 河出書房新社


第147回直木賞受賞作


望むことは、罪ですか?彼氏が欲しい、結婚したい、ママになりたい、普通に幸せになりたい。そんな願いが転落を呼び込む。ささやかな夢を叶える鍵を求めて5人の女は岐路に立たされる。待望の最新短篇集。


直木賞は「辻村 深月」さん。
『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞受賞でデビューとなり、以降様々な文学賞の候補となっています。2011年には、『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞。
綾辻行人さんのファンであったことが原点にあるようで、ペンネームも綾辻行人さんの一字をもらい、デビュー作がメフィスト賞というのも、そこからのようです。

辻村深月 - Wikipedia

著書一覧

長編作品
書籍名出版年、出版社
冷たい校舎の時は止まる2004年 講談社
子どもたちは夜と遊ぶ2005年 講談社
凍りのくじら2005年 講談社
ぼくのメジャースプーン2006年 講談社
スロウハイツの神様2007年 講談社
名前探しの放課後2007年 講談社
太陽の坐る場所2008年 文藝春秋
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。2009年 講談社
V.T.R.2010年 講談社
本日は大安なり2011年 角川書店
オーダーメイド殺人クラブ2011年 集英社
水底フェスタ2011年 文藝春秋
サクラ咲く2012年 光文社

短編集
書籍名出版年、出版社
ロードムービー2008年 講談社
ふちなしのかがみ2009年 角川書店
光待つ場所へ2010年 講談社
ツナグ2010年 新潮社
鍵のない夢を見る2012年 文藝春秋


あとがき

07/17 20時現在。残念ながら、辻村 深月さんの「鍵のない夢を見る」はAmazon、楽天ともに在庫切れのようです。少し落ち着くまでは、待ったほうがいいのかもしれませんね。

また、文学賞受賞となった作品は、大体のところ図書館でも貸し出し希望が相次ぐようで、予約待ちが相当数になります。予約しておいて、のんびり待つか、それぞれの他の著作を読んだりするのもまた、楽しみ方の一つかなと思いますよ!

それではまた!

第147回「芥川賞」に鹿島田真希氏の『冥土めぐり』 「直木賞」に辻村深月氏の『鍵のない夢を見る』 ニュース-ORICON STYLE-

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...