2012/07/02

[Chrome]閲覧履歴を劇的に使いやすくしてくれる拡張機能『Better History』

follow us in feedly
follow us in RSS

こんにちは、すなふ(@sunafu35)です。

Chromeで、履歴って使ってますか?
私は、それほど使用する頻度は高くなくて、たまにさっきみたアレ・・・と思った時に使うくらいですが、「さっき」ならまだしも、2.3日前に見た・・・となると、探すのも一苦労です。

そんな履歴を劇的に見易く整理してくれる拡張機能をご紹介します。


入手先サイト


Chrome ウェブストア - Better History
▲Beter Historyは、デフォルトの履歴画面を置き換えて、閲覧履歴を検索しやすくしてくれる拡張機能です。

実は、この拡張機能は、以前に一度試した事があって、デフォルトに比べて表示速度が落ちる所が、あまり頻繁に使わない私にとっては、特に入れるまでもないか・・・と思わせる要因になっていたのですが、最近アップデートがあったのか、速度がかなり改善されています。


画面比較


history1
Chromeデフォルト
history2
Better History導入後

パッと見、一画面内で表示出来る量は減っていますが、先週の履歴までは左メニューから参照出来るようになっているので、遡りがしやすいです。

また、設定によって変更可能ですが、ドメイン毎にまとめてくれるので、Faviconを見ることでも、大体の中身が判断出来るようになります。デフォルトでは、ページ移動の履歴も全て表示される状態なので、分かりづらいんですよね。

ドメイン毎にまとめられた物は、展開をクリックすることで、ページ自体を確認することが出来ます。
history3
展開後画像

設定

最近見たページをすぐ出すと言うよりは、数日前に見たページを探す事に優れていそうなBetter Historyですが、設定を変更するも出来ます。

history4

設定項目はそれほど多くありません。

閲覧履歴のグループ化
  • 『グループ化の単位』・・・15分~1時間単位で、履歴をまとめます。画像では30分にしていますが、ブラウザの使い方で変更するのがいいでしょう。例えば、集中して短時間に情報を集める人なら短めで、1日を通してパラパラと見たりする人は1時間で、など。
  • 『時刻の表示形式』・・・使い慣れた表示形式を選んで下さい。
  • 『閲覧履歴をドメインごとにまとめる』・・・デフォルトではチェックが入っています。Chromeからの表示のほうがいいなら、チェックを外しましょう。

右クリックのオプション
  • 『選択範囲からの検索を可能にする』・・・サイトのテキストを選択した後、右クリックをすることで、履歴からの選択を選べるようになります。
  • 『Search by domain』・・・ちょっと、はっきりとした違いが分かりませんでした(・・;


あとがき

何日の何時くらいに見たような気がする・・・、昨日寝る前にみたサイトは・・・、といった場合に履歴を探し出すことがすごく楽に出来るようになります!
履歴を表示させた時に、さすがにワンテンポ遅れる時があったりしますが、それを乗り越えれば気になるほどではないと思いますよ!

通りすぎた事を後悔してしまったサイトを探す為に、一度お試し下さい。

それではまた!

あ、Chromeで履歴を表示するときには、「Ctrl+h」が便利ですよ。Better Historyを入れると、右クリックで開けるようになりますけどね(´~`)。


[Chrome]これだけは外せない!Chrome拡張機能厳選13個まとめ! - sunabox
Chromeの拡張機能は、チェックしきれないくらいの数があって大変です。 そんな中で、これだけは外せないという拡張機能を13個まとめてみました! ...

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...