2012/12/05

【Camera+】【プロカメラ】【KitCam】【標準カメラ】の画像を比較!そして、KitCamの「Clarify」加工はCamera+と違うのか!?

follow us in feedly
follow us in RSS

こんばんは!すなふ(@sunafu35)です。
まだ風邪です。明日は山なので、治したいです(°⌓°)

さて、今回のネタなんですが。
iPhoneのカメラアプリっていっぱいありますよね。

【Camera+】に【プロカメラ】は、鉄板だと言われています。そこに最近、【KitCam】なんていう、ほぼ全部入りカメラも登場しました。

撮るのはコレ。加工はコレ。というのも悩みどころですが、加工だけを考えても・・・1つで色んな事が出来るけど、どういう風に加工するかを考えながらになるアプリ。・・・機能は少ないけど、素早く加工が済むアプリなどもあります。

加工の色々を考えてみるのも面白いのですが、今回は・・・

鉄板の撮影用アプリと【KitCam】で撮った写真に違いが出るのか?
KitCamのClarify加工は、Camera+の物とどう違ってくるかを見ていきたいと思います。

使用アプリ


Camera+ 3.6.1(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap - tap tap tap LLC(サイズ: 23.3 MB)


プロカメラ 3.8.1(¥250)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Jens Daemgen - Jens Daemgen(サイズ: 20.4 MB)


KitCam 1.0.2(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: GhostBird Software - GhostBird Software(サイズ: 45.4 MB)

※価格は変動があるかもしれません。AppStoreで随時ご確認下さい。


写真を比較してみる


まずは、【iPhone5の通常カメラ】【Camera+】【プロカメラ】【KitCam】を使って撮った写真で、違いがあるのかを比べてみます。
・・・画像は全てAF中心での撮影。補正をかけていない状態です。画像クリックで、大きい画像が確認できますが、ファイルサイズが大きめなのでご注意下さい。

【iPhone5通常カメラ】・・3.62MB

【Camera+】・・3.90MB

【プロカメラ】・・6.28MB

【KitCam】・・3.19MB


・・・

・・・

(°⌓°)どこか違いがあるんだろうか・・・。

正直、どこを見ても同じように感じてしまいますが、よ~~く見ると、左下のピンクの物体(キャンドルです)のピンク具合に差があることが分かります。
  • ちょっとピンク濃い・・・【Camera+】と【KitCam】
  • ちょっと薄い・・・【標準カメラ】と【プロカメラ】
ちょっとピンク濃いグループは、なんとなくですが粒感が出ているような感じもします。

あと、何故だかプロカメラだけファイルサイズが6.28MBと、他の物の倍近くになっていますね。

・・・

・・・

すぐ分かる違いは出ない!(」°□°)」

画像にはっきりと分かるような差がないということは、後は使い勝手や、ファイルサイズでの選択ということでもいいのかもしれません。

次っ!


【KitCamのClarify】は、【Camera+】のそれと違うか!?


Clarifyとは・・・
単語の意味はともかくとして、カメラアプリにおいては、「画像を鮮明にする」「はっきりさせる」という効果があるようです。
Camera+のClarify加工は評判が高くて、取り敢えず押せば綺麗に見えるという優れもの。

新しく出た【KitCam】の加工機能にも、同様のものがあったので、比較してみることにしました。

【Camera+ Clarify】

【KitCam Clarify】

これは、ちょっと差が出てくれましたw
好みの部分が大きい機能ではありますが、KitCamのものより、Camera+のものの方が、少しコントストが強く出て、色味も強く感じます。

【プロカメラ Auto】

プロカメラには、Clarifyという効果は用意されていませんでしたので、【Auto】を適用してみました。
コントラストを上げて、色味を少し強くして、そして明るいといった感じですね。


総評


まず、基本になるカメラの出来上がってくる写真については、大きく差がないことが分かりました。

粒の感じがちょっとでも気になるようなら、【プロカメラ】か【標準カメラ】。ファイルサイズを考えると、標準が結局いいという事になるかもしれませんが、標準カメラだと露出補正などが出来ないので融通が効くという面では、弱いかも。

KitCamで、実は撮る前は・・・「もしかしたら画質落ちるかも」と勝手に思っていたんですが、そういうことも特にない気がします。・・・これは、リアルタイムエフェクトが可能だったりという機能がついているアプリだったので、勝手に思い込んでいました。


そしてClarify。

ここでは、
「取り敢えずClarifyだけかけて、共有したい。ツイートしたい。」
といった使い方を望むと、KitCamがちょっと弱いかな?と思った部分。Clarifyだけで済まそうと思った場合は、もう少し「ハッ」とするくらいの変化があってもいいかなと思います。

ただ、その後に、更にフィルターをかけたりする場合は、KitCamくらいのかかり方のほうが便利かもしれませんね。

Camera+のClarifyは、これだけかけて済ます。という用途に向いている感じ。
意外に思ったのが、プロカメラのAuto加工。Autoというと、もう少し控えめな加工かな?と思っていましたが、コントラストも色味も結構変わるし、使いやすそうな仕上がりです。

Cmaera+のClarifyは、いいと思うけど、ちょっと絵画的に感じて苦手。という人には、プロカメラはいいのかも(・・

これで、プロカメラも「Lightbox」が使えたらいいのになぁ。あと、違いの分からないファイルサイズ。


あとがき


ここで比較して、はっきりとメインカメラを決めてしまおうと思ってたのに、結局どうするか悩む結果に・・・。Clarifyで選ぶというものアリですが、コントラスト、色温度、明るさ、シャープネスの4つをいじれば、どのアプリでも同じ方向に加工は出来るので、個人的には決めてに欠ける感じ。

やっぱり使い慣れてきたCamera+がいいかなぁ?

Lightboxを使って・・・という考えからいくと、Camera+かKitCamということになります。ただ、KitCamは、カメラロールからの取り込みが出来ないというところもありますしね。(アップデートで、カメラロールからの取り込みも可能になりました!)


どれを使っても、不満には思わないだろうという3つのアプリだったため、最終的に「コレ!」というオススメは出来ない不甲斐ない結果ですが、何かの参考になれば幸いです。

それではまた!


KitCamの機能紹介をしている記事は、こちらが分かりやすかったです!

"KitCam" ここまで全部入りは無かった!メインで使えるカメラアプリ登場! | Yu_notes.


Camera+ 3.6.1(¥85)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap - tap tap tap LLC(サイズ: 23.3 MB)


プロカメラ 3.8.1(¥250)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: Jens Daemgen - Jens Daemgen(サイズ: 20.4 MB)


KitCam 1.0.2(¥170)App
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
販売元: GhostBird Software - GhostBird Software(サイズ: 45.4 MB)

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...