2013/02/19

【iPhoneアプリ】googleマップとイラストの融合!【いい日旅立ち 京都】がなかなか良さそうな雰囲気!

follow us in feedly
follow us in RSS

こんにちは!すなふ(@sunafu35)です。

いつまでかは分かりませんが、京都観光用のiPhoneアプリで、ちょっと良さ気な雰囲気の物が「250円→80円」のセール中だったので、早速ダウンロードしてみました。


いい日旅立ち 京都 1.2.1(¥85)App
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: Mobile Internet Technology Co.,Ltd. - Mobile Internet Technology Co.,Ltd.(サイズ: 38.2 MB)
(価格は2/19現在のものです。ご確認を。)


画像で見ていくイラスト感


▲インストール後、アプリを起動させると、MAPのダウンロードを促されます。WiFi環境下でのダウンロードがオススメのようです。ちなみに、今のタイミングだと「冬マップ」がデフォルトでダウンロードされます。

起動させると、画像のような・・・「Googleマップとイラストを重ねた」イイ雰囲気の地図が、4種類の縮尺で確認出来ます。

▲拡大していくと、色々な情報が表示されていくのが分かりますね。「Lサイズ」では、食べ物屋さんの情報も。勿論、全店と言うわけにはいかないようですが。

地図から神社さんの行事期間が見られるというのはいいですね。
テキストの大事さを知る。

▲地図上のイラスト部分や、テキスト部分をタップすると、軽く情報が確認出来たり、音声ガイドを聞いたりすることが出来ます。

音声ガイドは、建物や行事概要をさらっと聞けるだけですので、テキスト情報以上の情報はあまりなさそうな感じでした。

右画像は、かの有名店の案内ですが、営業時間や定休日など、基本的な情報は見ることが出来ます。・・・一度行ってみたい(°⌓°)


各メニューを見てみる


▲さて、次はメニューバーを見ていきます。

まずは、「現在地」
現在地メニューを選択すると、「位置情報」へのアクセスが求められますので、必要に応じて「許可」「キャンセル」を選んで下さい。

▲京都以外だったので、京都駅を中心にした位置に飛ばされました。この動作は意外といいかもしれないと思った部分。検索範囲外だった場合でも、京都駅に戻る時に使えるというのは、京都観光の事前準備に色々見たりする時に便利かもしれません。

次に、「目的地検索」
目的地検索をタップすると、右画像のようなメニュー画面に移ります。

寺社仏閣や、公園、食べ物などから、50音順で目的地を探すことが出来ます。
予め、目的地が決まっている時にはいいですね。



旅のプランを作成する


▲次は、「旅のプラン」

メニューバーの「旅のプラン」をタップすると、「プランの作成」と「作成したプランの確認」を行うことが出来ます。

▲「プランの作成」を選んだ後に、マップ上の建物などをタップして詳細画面を開いた後、「決定」を押して、どんどんプランに組み込んでいきます。

右画像は、「京都駅」→「東本願寺」→「南座」→「八坂神社」という順に選んでいった例。
ある程度の観光に必要な目安時間が表示されています。南座は、公演を見ることが前提なのか、4時間という案内(*-*)

プランが決まったら、「ルート検索」をタップ。

▲ルート検索をタップすると、選択したプランのルートがマップ上に表示されます。

こうして見ると近そうですが、東本願寺から南座まで歩くのは結構な時間がかかるので注意ですが・・・w

地下鉄などの利用を含んだルートが表示されたらもっとすごいですが、そこまで求めるのはさすがにとも思いますので自重。

出来上がったプランは、10個まで保存しておくことが出来るようです。


おすすめプランを見る


▲お次は、「おすすめ」プランを見てみます。

▲色々なテーマに沿った観光プランが紹介されていました。

▲試しに「清水寺から三年坂へ」というプランを選んでみると、プランの概要、そして大凡の時間が表示されます。


▲最後に、「旅の記録」

旅の記録を選ぶと、色々なシェアが可能な様子。
カメラを起動は、試してみましたが、アプリの方に反映されるのかどうかがよく判りませんでした。京都行くことがあったら試してみたいです。

▲画像は、「絵はがきを送る」を選んだ画像。

メール送信機能でした。これは・・・ちょっと微妙かなw

Twitter機能は、白紙状態でTwitterのコメント画面が開くので、アプリ側からの反映は特にない様子。「カメラで撮影」→「Twitter投稿」あたりは、アプリ内で完結出来るよというところくらいがメリットだと思われます。


マップの切り替えと、アプリ容量の目安


▲恐らく、もうすぐすれば「桜」の時期に向けて「春マップ」が公開されると思うのですが、今現在は、「秋マップ」「冬マップ」の選択となっていて、デフォルトでは「冬マップ」がダウンロードされます。

秋マップもダウンロードは可能。
マップの切り替えで、情報が変わっていくというのは嬉しいところです。

ちなみに、冬マップをダウンロードした状態で、iPhone内のアプリ容量は「92.8MB」。

WiFi環境以外や、電波の悪いところでの起動が気になったので、iPhoneの設定で「WiFi」と「モバイルデータ通信」をOFFにして起動してみたところ、普通に動作することが出来ました。

Googleマップを利用しているとの事なので、たまたまキャッシュがあるだけかもしれませんが、参考までに。


あとがき


たまたま、セール中だったので落としてみたアプリにしては、これはアタリかもしれないと思える出来栄えで、ちょっと嬉しかった・w・

マップを起点にして、色々な情報が一目で見られるこのアプリは、イラストとテキストが地図上にあるという利点を思い出させてくれる良アプリの予感。


季節ごとの観光だけでなく、京都に関わった歴史上の人物などからプランを考えて見ることが出来るというのも、色々な京都観光の楽しみが広がりそうです。

それではまた!


作成したプランが、アプリ同士とかで共有出来たらもっといいなぁ(*ェ`*)


いい日旅立ち 京都 1.2.1(¥85)App
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
販売元: Mobile Internet Technology Co.,Ltd. - Mobile Internet Technology Co.,Ltd.(サイズ: 38.2 MB)

MIT:いい日旅立ち

5 件のコメント:

  1. 丁寧なレビューをありがとうございました。
    春版も出ていますのでよろしくお楽しみください。

    返信削除
  2. わざわざコメントありがとうございます。
    春版、早速ダウンロードして、のんびり眺めたりして楽しんでます(*-*)

    返信削除
  3. 初めまして。

    この度、Bloggerを始めてこちらのサイトなど参考にしてカスタマイズを楽しませて頂いてます。
    そこで、突然の質問で大変申し訳ありませんが、こちらのサイトではモバイル版でも、下の方にラベルが【LABELS】としてカテゴリ表示されてますが、その方法をずっと探してるのですがどうしてもわからず、ご質問させて頂きました。
    お時間のある時にでも教えて頂けると助かります。宜しくお願い致します。

    返信削除
  4. こんばんは、コメントありがとうございます!

    モバイル表示時に、ウィジェットを表示させる方法ですが、Bloggerの設定画面から、【テンプレート】→【HTMLの編集】と進んで、HTMLの一部設定を追加することになります。

    具体的には、利用している【Label】ウィジェットのコード部分に「mobile='yes'」を追加してあげればOKです。

    Labelウィジェットを一つだけ使っている状態なら、【HTMLの編集】で、【ウィジェットテンプレートの展開】はチェックせずに・・・編集画面の一番下に利用しているウィジェットの一覧が表示されているので、その中から探すことになります。

    私の設定状態の画像を添付しておきますので、参考にしてみて下さい。
    一覧から、モバイルで表示させたいものに追加していけば、色々と表示させることが出来ますよ。私は、確かソーシャルボタンもこの方法で表示させていたはず。

    また、モバイルの表示を色々変える場合、モバイルテンプレートは【カスタム】に設定しておくこともお忘れなく(*・ω・)ノ

    返信削除
  5. 解決できて何よりです!
    また、何か有りましたらどうぞ(°⌓°)

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...